公文が27年ぶりに値上げ!お月謝はいくらになるの?

スポンサーリンク

習い事で公文式をしている子供さんは多いのではないでしょうか?

なんと27年ぶりに会費が改定されるそうです。

保護者としてはいくら値上げされるのか、気になりますよね!

 

スポンサーリンク

公文の値上げはいつから?

公文式の会費改定は、2018年10月分からです。

27年ぶりの値上げになります。

 

スポンサーリンク

どの教科が値上げされるの?

算数・数学・英語・国語・フランス語・ドイツ語・日本語のお月謝が改定されます。

 

スポンサーリンク

Baby Kumonも値上げされるの?

Baby Kumonのお月謝は変更ありません。

 

スポンサーリンク

全国の公文式教室が値上げの対象になるの?

教室の所在地によって東京都・神奈川県と、その他の地域を区分した地域別会費を導入するようです。

なので、東京都・神奈川県の教室のお月謝と、それ以外の地域の教室のお月謝が存在することになります。

 

スポンサーリンク

お月謝はいくらになるの?

現在の公文式の会費はというと

幼児・小学生 6,480円、中学生 7,560円、高校生以上 8,640円です。

 

これが2018年10月から変更されて、以下のようになります。

 

<東京都・神奈川県に所在する教室>

幼児・小学生 7,560円、中学生 8,640円、高校生以上 9,720円です。

 

<それ以外の地域に所在する教室>

幼児・小学生 7,020円、中学生 8,100円、高校生以上 9,180円です。

 

東京都、神奈川県の教室に通っている方は、1教科あたり1,080円の値上げ、それ以外の地域の教室に通っている方は1教科あたり540円の値上げになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

兄弟・姉妹で通わせていたり、複数の教科を受講されている家庭にとっては、かなりの痛手になりますね。

公文式があまり合っていないかも?というお子様には、この機会に他の学習方法に切り替えるのもアリだと思います。

通信教育だと、公文式の1教科あたりの金額以下で、全教科カバーできることも!

資料請求だけでもしてみるのもオススメです。

 

 

月刊教材ポピーの資料請求はこちら
月刊ポピーは全国の小・中学校で使用しているドリルや資料集などの副教材を編集・発行している教育出版社の新学社が作っている家庭学習教材です。

学校の先生からの知名度も高く、安心して使っていただけます。

また長年の副教材編集のノウハウを活かしているので、予習・復習・テスト対策が短時間で効果的に学習できます。

 

ちゃれんじ・進研ゼミの資料請求はこちら

しまじろうでおなじみの人気通信教育!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

Z会の資料請求はこちら
幼児教育から大学受験まで、丁寧な添削指導で、通信教育であっても、一人ひとりに合わせた指導が可能です。
「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。

自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講できます。(高校受験コース、中高一貫コースなど)
充実したサポートサービスがあるので、安心して学習を進められ、東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績があります。



 

小学館のドラゼミ
小学館『ドラゼミ』は、年中の幼児から小学6年生を対象とした通信添削学習です。

ドラえもんがいっぱいの楽しい教材と、個別担任による、きめ細かな添削指導を通して、「家庭学習の習慣」を身につけます。

「百ます計算」でおなじみの陰山英男先生が総監修者を務めています。


スポンサーリンク
習い事・学び
りりママをフォローする
スポンサーリンク
子育てライフHave Fun!

コメント