関西のロボット教室で無料体験!気になるお月謝は?

スポンサーリンク

最近、気になってるママや子どもさんも多いはず!

人気の習い事になりつつあるロボット教室。

関西でもたくさん開講されています。

 

習い事ランキングでも、ロボット教室やプログラミング教室は

上位にランクインされていて、保護者や子どもの関心の高さが伺えます。

 

あと数年すると、子どもでもロボット作りやプログラミングが

できて当たり前になってるかもしれません。

 

ニュースなどでご存知の方も多いかもしれませんが、

2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化されます。

 

これから先、子どもたちが大人になる頃には必須になるであろう技術を

先取りして身につけさせたいですよね。

 

我が家の子どもたちも先日、ロボット教室で無料体験をしてきました。

スクールによって違いがあるので、気になるところは入会前に

無料体験をして、比較検討することをオススメします。

 

スポンサーリンク

ロボット教室の無料体験に参加

我が家が体験したのは2つのロボット教室。

・ヒューマンアカデミーロボット教室

・エジソンアカデミーロボット教室

 

この2つのロボット教室を比較してみました。

 

ヒューマンアカデミーロボット教室

約940の教室で開講されているので、通学しやすいのがメリットです。

 

ロボット教室 監修・アドバイザーは、ロボットクリエイターで東京大学

先端科学技術研究センター特任准教授の高橋智隆さん、千葉工業大学

未来ロボット技術研究センター(fuRo)所長の古田貴之さんが務めています。

 

日ごろの成果の発表の場として、東京大学安田講堂にて「ヒューマンアカデミーロボット教室全国大会」が開催されたり、

コースの詳細は?

ロボット教室のコースは5つあります。

 

・プライマリーコース(1年間) 対象年齢は5、6歳から

パーツ名を覚えたり、パーツ数や取り付け位置を数えたりするうちに

自然と文字を読む力・数を数える力も養います。

 

・ベーシックコース(1年半) 対象年齢は小学生

ロボットを正確に製作し、構造や動きの仕組みを学びます。

 

・ミドルコース(1年半)

より複雑な構造でさらに面白い動きをするロボット製作に 取り組みます。

 

・アドバンスプログラミングコース(2年)

図面を見ながらロボット製作に取り組みます。

 

・ロボティクスプロフェッサーコース

数学や物理の概念が入っています。

ロボットへの興味、関心を学問として体系的に結びつけ、

ロボット工学の基礎を習得できます。

 

授業時間や回数は?

月に2回、1回90分の授業です。

2回の授業で、1体のロボットを完成させます。

月に2回なので、他に習い事があっても続けられそうですね。

 

入会金・月謝・教材費は?

習い事を継続する場合、やっぱり気になるのがお月謝ですよね。

<入会時の費用>

入会金 10,800円

教材費 30,780円(入会時のみ)

<月謝>

月謝 9,720円

テキスト代 540円

 

ヒューマンアカデミーロボット教室の体験授業申し込みはコチラ

アーテックエジソンアカデミー

マサチューセッツ工科大学メディアラボが開発した「Scratch(スクラッチ)」を

ベースにしたソフトを採用し、小学生でもわかりやすくプログラミングができます。

 

カリキュラムの詳細は?

カリキュラムは12のレベル×3ステップのトータル36テーマで構成。

授業は1ケ月1テーマのペースで進み、少しずつレベルアップします。

3年間で36テーマのロボットを製作していきます。

 

対象年齢は8歳からとなっていますが、教室の判断で

8歳になっていなくても参加できることもあるようです。

 

授業時間や回数は?

月に2回、1回90分の授業です。

信号機や自動車などの身近なものやゲームを作成するなど、

楽しみながらロボット製作できます。

プログラミングも同時に学べるのもいいですね。

 

入会金・月謝・教材費は?

アーテックエジソンアカデミーの費用は、教室ごとに

かなり料金に差があるようです。

 

実際に体験に行かれた時に、その教室の費用を確認した方が

確実に把握できるかと思います。

下記の費用は参考までに。

 

<入会時の費用>

入会金 10,000円

教材費 25,000円~50,000円

<月謝>

月謝 9,000円~12,000円(テキスト代込み)

 

ロボット教室アーテックエジソンアカデミー体験申し込みはコチラ

ロボット体験に参加してみた感想

どちらのロボット体験も、子どもは目をキラキラさせて、とても楽しそうでした!

 

そして、子どもがすごく集中して作業していたのにはビックリ。

集中力もつくかもしれないですね。

 

中学生になっても続けられそうな習い事なのも魅力的で、

お月謝もすごく違いがあるわけではなかったし、回数も時間も同じだったので、

最終的には通える曜日で決めそうな感じです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
習い事・学び
りりママをフォローする
スポンサーリンク
子育てライフHave Fun!

コメント