キッズウィークで夏休みが減る!?公立は義務化?

スポンサーリンク

プレミアムフライデーという言葉がまだ定着しない中、

新たにキッズウィークという大型連休の導入を政府が検討しているそうです。

 

プレミアムフライデーは、月末の金曜日は早く仕事を終わらせて、

食事やショッピングを楽しんで、個人消費を促しましょう!というもので、

子どもにはメリットはありませんでした。

 

2018年4月から導入されるキッズウィークは、誰に、どんなメリットが

あるのでしょうか?

 

キッズウィークとは?

キッズウィークとは、学校の長期休暇(春休み・夏休み・冬休みなど)の一部を、

別の時期にまとめた大型連休のことです。

 

2018年4月からの導入になるそうで、

大人の有給休暇の取得を促す狙いがあるようです。

 

 

全国の小中高校が対象で、都道府県など地域ごとに、

キッズウィークの時期を決定する仕組みを検討中とのことなので、

現時点ではどの時期のどのくらいの期間の連休になるかは未定です。

 

公立校は義務化、私立校には協力を求めるようなので、

実施するしないは各学校によってバラつきがありそうですね。

 

キッズウィークで本当に有給休暇が取れるのか?

キッズウィークが導入された場合、有給休暇が取得できればいいですが

全ての人が休める保証はないですよね。

 

SNS上では、早くも悲鳴を上げる保護者が続出しています。

サービス業で勤務している方は、有給取得はまず無理でしょうし、

共働きの方は学童などの預け先を確保できるか心配していたり。

 

我が家の場合ですが、今年から夏休みが1週間短縮されます。

理由は、教室にエアコンが設置されたから。

なので、ただでさえ短くなった夏休みが、もしかしたら更に短くなるの?と

子どもたちは少し複雑そうです。

 

キッズウィークは休める?休めない?我が家の場合

大型連休のキッズウィークが導入されて、国内旅行や海外旅行に

家族旅行に行かれる方も多くなるのかもしれませんが、我が家はおそらく

日帰り旅行くらいでしょうか?

 

普段も有給が取れないのに、キッズウィークが導入されたからといって

有給を取得できるとは思いません。

プレミアムフライデーも全く恩恵を受けていませんし・・

 

決められた有給休暇より、自由に休める有給休暇の方が

共働き家庭の我が家としては助かるのですが。

 

そうすれば、主人と違う日程で有給を取得できるし、

子どもも学童などに預けずに済みますからね。

 

キッズウィークがどの時期に、どれくらいの期間で導入されるのか

今後も動向をチェックしようと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク
子育て・生活
りりママをフォローする
スポンサーリンク
子育てライフHave Fun!

コメント